bm terminus
 
 
 
 
叩いたら音が鳴るゲームについて雑多に書き連ねるサイト

Top Information

2016.11.27 SPADA全一表を再公開しました。
FCPHPは提供を終了しました。

嘆きのサイト運営

2006-07-02 21:23:58 : memo
時折思いついたように思いついたことを書き殴っているのに運営も何もないわけです。
今や数百数千どころではない音楽ゲームに関するサイトがあるわけですが、
正しいことを書いているサイトもあれば、間違ったことを書いているサイトもある。
情報が氾濫している無法地帯とも言うべきインターネット上で、
いかに自分に有益な情報を取捨選択して生かすか、と言うことが大事になってくるわけです。

こんばんは、colcです。

↓うちのサイトの方針とは全く関係ないオハナシ

ちょうどこのサイトがblogに変わった頃(ログのある2004年3月)、初めて「blog」という言葉が誕生した頃です。
この頃はサイトを運営するなんて、気軽にできることではありませんでした。
HP作成ソフト(今需要あるのか?)なんてので作ったり、タグやCSSを覚えてhtml打ちしたり。
自分の言いたいこと、やりたいことをインターネットに公開するにはそれなりな苦労が必要でした。

今やmixiやblogが一般化し、携帯でさえサイトを運営できてしまいます。
mixiはユーザー数が数百万だと聞きました。高齢者や幼児等を除けばかなりの高確率ではないでしょうか。
それだけインターネット上にblogやmixi等を通して思うことを公開することが容易になりました。
レンタルblog等を使えば、慣れていなくても30分とかからず自分のサイトが持てるでしょう。

blogが広まる前はサイト運営自体に手間がかかり、それなりに強い意志を持たないとサイトは作れませんでした。
それ故、サイトにはしっかりとした意志、方向性が存在し、価値がありました。
しかし、容易になりすぎた故、「自分はこういう事をしたい」という明白な意志を持たずに、サイトを始める人が増えています。
名刺やプロフィールにURLを入れるなんてことが日常となり、ステータス的意味合いでサイトを持つ人も居ます。

何故サイトを運営しているのか?と言う疑問を持ちたくなるサイトが増えました。
「人と繋がりを持ちたいから」「情報を集めたいから」「色んな人に見てもらいたいから」
色々あると思います。
「mixiとサイトの両立が難しい」
最近よく見る言葉。
私から言わせれば、そう言った人はサイトを持つ意味がありません。
限られたユーザーに向けられているmixiと、不特定多数に閲覧される可能性があるサイトでは、本質的に違います。
「mixiにもサイトにも書ける」ことは、本来インターネット上に公開する必要の無い情報だと思います。

何故こんな記事を書いたかというと、最近面白いサイトがないことが非常に残念だ、と思っているからです。
昔、「ネットサーフィン」という言葉が流行りました。
インターネットに無数に存在する情報を、波に乗ってサーフィンするように集めることを指しています(確か。)
一時間でも二時間でも集めきれない情報。
インターネットにはそう言った魅力がありました。

今はどうでしょう。
サイトの数で言えば絶対的に増えてきたblog等の個人運営サイト。
しかしそこに有益な情報はあるのか?
何時間も見続ける魅力はあるのか?
私は疑問に感じます。

昔は、(bm terminusはニュースサイトであったので)情報を収集するために毎日一、二時間ネットサーフィンをしました。
それでも集まりきらない情報を、纏めて公開するのが楽しかったです。
求められていたかは別として、「自分しかできないこと」を念頭に続けてきました。

今はもうネットサーフィンはしていません。
情報がある場所にはあるし、無い場所にはないことがはっきり解ったからです。
楽にはなりましたが、残念でもあります。
BMSに関しては、その絶対量が減ってしまいましたが。


特定のサイトに向けた内容ではありません。
私がbm terminusという媒体を通して見てきた、インターネットという物の感想です。
批判などではないので、「そこは違うだろ」とかのつっこみはご勘弁下さい。
思ったことを書きつづったまでです。
そんな内容でも四桁もの人が来てるんだから、ふしぎな気分です。

最近批判を恐れすぎですかね。
ちょっとでも何か言われそうな内容には、上のような追記を書くようになってしまいました(笑


(おまけ)
Harmony and Lovely(A)で鳥出た!嬉しすぎ!
宜しければ投票してください [+1] [-1] 現在:-8pt
この記事へのリンク:(link) この記事へのトラックバック:trackback)
関連記事

Local search for: 嘆きのサイト運営

No related items.

Google search for: 嘆きのサイト運営

トラックバック
No trackbacks.
コメント
No comments.
コメントを書く
 
 
11470729

Headlines

Comments

Search

Old logs

Webmaster

Name : colc(こるく)
mixi : here
mail : webmaster(at)bmt.cc
msn : colc_p(at)hotmail.com