bm terminus
 
 
 
 
叩いたら音が鳴るゲームについて雑多に書き連ねるサイト

Top Information

2016.11.27 SPADA全一表を再公開しました。
FCPHPは提供を終了しました。

bmsプレイヤー「Lunatic Rave」公開

2006-08-17 03:59:28 : soft
Lunatic Rave Official SiteにてBMSプレイヤー「Lunatic Rave」が公開されました。
該当ソフトは掲示板にて制作が進んでいた物。
スタッフには様々なスキン制作で有名なcyclia氏や、BMS制作もされているLaValse氏、SHiNKA氏、さらにmur氏と堂々たるメンバー。
ナナシグルーヴ以来おとなしかったと思われるBMSプレイヤー界に新たな旋風を巻き起こしそうな予感!

基本的にはBEGGINER、NORMAL、HYPER、ANOTHERの4種の譜面のみが、一曲に付き自動で割り当てられます。
それ以上の難度を含むBMS、及びそれ以外の差分bmsには自分で割り当てが必要です。
bms各フォルダに譜面の難度を規定するlrファイルを生成します(自分で設定可能)。
1曲4譜面が前提の設計のため、多数の差分を入れている人にとっては設定に時間がかかりそうです。

LRの特徴的な部分として、ハイスピード設定が挙げられます。
通常のbmsプレイヤーに多い「何倍」の設定ではなく、落下速度を1-999の間で指定することになります。
つまりBPMに関係なく落下速度をどのbmsでも一定にすることが可能と言うことです。

曲終了時にフルコンボしているとエフェクトが表示されます。
さらに選曲画面にはクリアマーク、ランク、スコア等が表示されます。

BMS再生面に関しては、WAVは01-FFまでの対応となります。
それ以外では、動画ではaviやmpg、音ファイルではoggにも対応しています。


と言うわけで実際に使用してみました。
起動時、曲決定時には綺麗なムービーでの演出、洗練されたデザインのスキンなど、グラフィック面では群を抜いて秀逸。
必要スペックは他のプレイヤーを上回るものの、快適に動けばかなり感動です。
現在はベータ版のため、曲によってはプレイできずに落ちてしまう現象が多発。
またスキンは1P側のみ、リザルト画面も無し、といった状況です。

様々なBMS(拡張など)に対応するには時間がかかりそうです。
今後に期待です!
宜しければ投票してください [+1] [-1] 現在:2pt
この記事へのリンク:(link) この記事へのトラックバック:trackback)
関連記事

Local search for: bmsプレイヤー 「Lunatic Rave」 公開

Google search for: bmsプレイヤー「Lunatic Rave」公開

トラックバック
No trackbacks.
コメント
No comments.
コメントを書く
 
 
11534037

Headlines

Comments

Search

Old logs

Webmaster

Name : colc(こるく)
mixi : here
mail : webmaster(at)bmt.cc
msn : colc_p(at)hotmail.com