bm terminus
 
 
 
 
叩いたら音が鳴るゲームについて雑多に書き連ねるサイト

Top Information

2016.11.27 SPADA全一表を再公開しました。
FCPHPは提供を終了しました。

私の譜面予測 part.01「冥 SP Another」

2007-01-31 00:28:48 : column
自分が使ってる「譜面予測」について書き残しておきます。
譜面予測とはランダムオプションを使用した際、
どのような譜面が後半で降ってくるかを予測して楽しむと言う物です。
GOLD稼働前に色んなことを書いてみようという試みです。

なお全ての画像はTake the nextageさんを参考に作成しています。
全ての曲を一つの記事に纏めても良いかな、と思ったんだけど画像で連なりそうなのでやめました。

一曲目は「冥 SP Another」。

===================================
なお画像の説明に以下の用語を使用します。
「正規」…オプション無し。
「ミラー」…ミラーをつけたとき。
1436275」…ランダムをつけたときの対応を示します。この場合は1234567
例えば1鍵盤はそのまま、2鍵盤が4鍵盤の位置に移動するランダムです。
===================================

冥のキモはもちろん低速地帯の縦連打予測です。

冥1
「正規」のBPM110地帯。
連打は見ての通り2鍵盤で、裏打ち?で3鍵盤が入ります。

この2鍵盤の予測は単純です。

冥2
「正規」の最初です。
3小節目(最初の小節)の黄色矢印、つまり最初に降ってきたオブジェがそのまま連打になります。
なお、その2鍵盤の裏打ちとなる3鍵盤の予測は4小節目の黄色矢印、タラ「ラ」ラのオブジェとなります。
若しくは、3小節目で降ってこなかったオブジェが裏打ちです。
この予測は慣れてくると割とわかりやすいです。


冥3
「5367124」のランダムです。
冥の低速地帯は1鍵盤と4鍵盤のオブジェが少ない(1鍵盤はスクラッチと同タイミング)ため、
1,4がスクラッチ側に絡み、連打が6鍵盤、裏打ちが左手のやりやすい位置に来ると当たりです。

冥4
1476235」のランダムです。
連打と裏打ちが隣り合い、さらにスクラッチ側に寄るともう最悪。
しかも簡単な14が左に寄ったりした日にはもう。
見たくもない大ハズレです。


一回目おわり!
宜しければ投票してください [+1] [-1] 現在:-1pt
この記事へのリンク:(link) この記事へのトラックバック:trackback)
関連記事

Local search for: 私の譜面予測 part.01 「冥 SP Another」

Google search for: 私の譜面予測 part.01「冥 SP Another」

トラックバック
No trackbacks.
コメント
No comments.
コメントを書く
 
 
11534035

Headlines

Comments

Search

Old logs

Webmaster

Name : colc(こるく)
mixi : here
mail : webmaster(at)bmt.cc
msn : colc_p(at)hotmail.com