bm terminus
 
 
 
 
叩いたら音が鳴るゲームについて雑多に書き連ねるサイト

Top Information

2016.11.27 SPADA全一表を再公開しました。
FCPHPは提供を終了しました。

PENTAVISION、KONAMI訴訟に対して全面対決の姿勢

2009-02-03 01:57:59 : memo ( DJMAX )
コナミ 'DJマックス' 訴訟にペンタビジョン強力正面対抗宣言
(Excite翻訳)

韓国KONAMI "DJMAX"シリーズを提訴を受けて、ペンタビジョンが全面対決の姿勢のようだ。
興味深いので訳文を全文掲載します。


===============================================================
"特許無效審判請求訴訟を申し立てる."

ペンタビジョンのチァスングフィ代表がコナミの特許侵害訴訟に
対して超強硬正面対抗を宣言した.

日本コナミが 'ビートマニア' 関連特許侵害を理由に'DJマックス(DJ MAX)'
シリーズの製造と販売を禁止して損害賠賞金を要求したことによる.
ここに両国ゲーム業者間競争が本格的な '特許戦争'で飛話される兆しだ.

コナミの 'ビートマニア' 特許紛争は去る 2001年から 2007年まで進行された
アミューズワールド'EZ2DJ' 訴訟前に続いて二番目だ.
業界はこの事件をきっかけで韓国業者の急成長を憂慮した日本ゲーム業者の
牽制がもっと激しくなると見ている.

コナミは去年 12月 "ペンタビジョンが開発及び販売している音楽シミュレーション
ゲームDJマックスシリーズが自社の特許権を侵害した"とソウル中央地方法院に
このゲームの製造, 販売などの禁止及び損害賠賞金を求める訴訟を申し立てた.

ペンタビジョンのチァスングフィ代表は 1日本紙とのインタビューで、

"コナミが '音楽演出ゲーム機, 音楽演出ゲーム用演出操作指示システム及び
ゲーム用プログラムが記録されたコンピューター判読可能な記憶媒体'という名称で
2001年韓・日両国に登録した該当の特許は確かな無效事由がある"

"コナミが特許訴訟でペンタビジョンの営業圏を侵害した.
特許無效審判請求訴訟はもちろん多様な方法でコナミの攻撃を無力化させる"

と明らかにした.

チァスングフィ代表は特に

"コナミが演奏の進行と連動してその音楽に合わせた演出操作をプレイヤーに視覚的に指示する,
すなわち '多様な演出効果'を特許で主張したことは包括的過ぎる"

と言いながら、

"これを認めたら演奏に合わせてダンスをするとか多様なアクションを視覚的に見せてくれる
国内外リズム・ダンスゲーム大部分がコナミの特許を侵害したことで拡がることができる"

と警告した.
また今度訴訟の背景に対してチァスングフィ代表は

"コナミがアミューズワールドに勝訴した 'EZ2DJ' 裁判当時にも法院で認めたことは
'ゲーム方式'ではないターンテーブルなど 'ゲーム機形態の類似性' 部分に関してからだった"

"'DJマックス' シリーズはゲーム機形態だけではなくゲーム方式でも 'ビートマニア'とは
相当部分差がある.訴訟を申し立てたことは国内リズム・ダンスゲームの日本進出を牽制するための
布石であることができる"

と分析した.


ペンタビジョンはまず特許無效審判請求訴訟を出して結果によって異意を申し立てる事にした.

業界はコナミとペンタビジョンの特許紛争が法的訴訟前で拡がっただけ最終的な結果までは
最小 5~6年以上待たなければならないことと見込んでいる.

ある関係者は
"今度特許紛争は世界ゲーム市場の主導権競争をしている韓国と日本の自尊心対決"
と言いながら
"日本がアーケードゲーム市場での優位を守るために特許を積極活用していてこの部分に対して
国内ゲーム業界も対備策を用意しなければならない"
と言った.
===============================================================

纏めると、
・特許侵害の訴訟に対して、「特許無効審判請求訴訟」を打ち立てた
・「コナミの所有している特許は無効な事由がある」
・「コナミの特許は包括的すぎて、これを認めると世界中のリズム・ダンスゲームの
 大部分がコナミの特許を侵害することになる」
・「コナミは特許訴訟でペンタビジョンの営業展開を侵害した」
・「EZ2DJ訴訟ではコナミが勝訴したが、ゲーム方式ではなくゲーム機形態の
 類似性によるもの」
・「ゲーム方式も相当な差があるDJMAXに訴訟を申し立てることは、リズム・ダンスゲームの
 日本進出牽制の布石である」
・この件をきっかけに日本ゲーム業界はさらに韓国に牽制を図る?

といった感じでしょうか。
ペンタビジョンが自社のDJMAXシリーズだけではなく、様々な訴訟問題が起こった
ダンスゲームにまで言及している当たり、かなり強気の姿勢と伺えます。


結果が出るには5~6年かかるだろう、という専門家の読みもあり、今日明日でどうなるわけでは
ないですが、今後の動きに注目。
とりあえず、某ゲームのような「和解」になることはなさそうです。
宜しければ投票してください [+1] [-1] 現在:-11pt
この記事へのリンク:(link) この記事へのトラックバック:trackback)
関連記事

Local search for: PENTAVISION KONAMI訴訟に対して全面対決の姿勢

Google search for: PENTAVISION、KONAMI訴訟に対して全面対決の姿勢

トラックバック
No trackbacks.
コメント
No comments.
コメントを書く
 
 
12515049

Headlines

Comments

Search

Old logs

Webmaster

Name : colc(こるく)
mixi : here
mail : webmaster(at)bmt.cc
msn : colc_p(at)hotmail.com